文字サイズ

スターゼンの歩み

弊社の沿革についてご紹介します。

1940年~

1948年
6月
全国畜産協同組合を母体に全国畜産(株)を設立(資本金750万円)、役牛の売買を行う。
1949年
8月
食肉の取り扱い開始。
1955年
10月
オーストラリアより初めて冷凍牛肉の試験輸入を行う。
1957年
4月
豚枝肉輸送本格化。氷冷却貨車による初めての遠距離輸送で業界の注目を集める。
1958年
3月
初の冷蔵トラックによる豚枝肉輸送、業界のリーダーシップを執る。

1960年~

1960年
3月
豚部分肉の規格化を日本で初めて実施。
1962年
3月
加工部を設置。横浜工場においてハム・ソーセージの製造開始。
1962年
11月
東京証券取引所市場第二部へ上場。
1967年
3月
東京食肉市場発足とともに仲買部門を分離し、(株)丸全を設立。
1970年
6月
社名を「(株)ゼンチク」に変更。
1972年
5月
日本マクドナルド(株)と取引契約、同年7月、千葉工場を開設しハンバーガーパティ製造開始。
1972年
9月
ゼンチク・オーストラリア(現、スターゼンオーストラリア)を設立。本格的な海外事業展開を開始。
1977年
9月
東京証券取引所第一部へ上場。
1979年
7月
ゼンチクU.S.A.を設立。

1980年~

1982年
5月
ハム・ソーセージの製造を行う(株)栃木ゼンチクを設立。
1984年
3月
ゼンチク最大の産地の食肉加工工場として(株)阿久根ゼンチク(現、スターゼンミートプロセッサー(株)阿久根工場)を設立。
1984年
12月
加工食肉専用工場として松尾工場を新設。
1989年
4月
食肉安全検査所を設置。商品の安全・衛生面の管理体制を強化。
1995年
12月
豪州のミートパッカーG&Kオコーナー社に資本参加。
1996年
4月
調理済、半調理食品等の販売事業を分離独立させ(株)ゼンチク販売を設立。
1997年
4月
物流合理化を目的に(株)ゼンチク物流を設立。
1998年
5月
各地の食肉加工工場を統合し、(株)スターゼンミートグループを設立。
1998年
6月
会社創立50周年を迎える。
1998年
10月
川崎にパックセンターを開設し、アウトパック事業を拡大。
1999年
4月
社名を「スターゼン(株)」に変更。

2000年~

(株)青木食品
2000年
2月
エルエムフーズ(株)(現、ローマイヤ(株))と資本並びに業務提携。
2003年
2月
国産牛の生産履歴情報システムを確立。ホームページにて情報の発信を開始。
2004年
6月
国産豚肉の生産履歴情報システムを確立。
2004年
10月
いわき営業所、流通業では国内初となるSQFの認証を取得。
2005年
7月
麺類の製造・販売を行う(株)青木食品を設立。
2007年
7月
スターゼンインターナショナル(株)を設立。
2007年
10月
海外本部(輸入食肉卸売部門)の事業を会社分割によりスターゼンインターナショナル(株)へ承継。
2008年
10月
国内営業本部を分社。スターゼン北日本販売(株)、スターゼン東日本販売(株)、スターゼン西日本販売(株)、スターゼン南日本販売(株)の4つの販売会社を設立。販売部門はこの4つの販社に、食肉の調達・生産事業は(株)スターゼンミートグループに、ハム・ソーセージの販売部門はローマイヤ(株)に事業譲渡。スターゼン(株)は事業持株会社となる。
2009年
6月
スターゼンヨーロッパ社を設立。

2010年~

(株)キング食品
ローマイヤ(株)
(株)ニックフーズ
2010年
7月
(株)キング食品を子会社化。
2010年
10月
(株)スターゼンミートグループが、社名を「スターゼンミートプロセッサー(株)」に変更。
2012年
8月
ローマイヤ(株)を株式交換により完全子会社化。
2013年
4月
スターゼン東日本販売(株)と北日本販売、西日本販売、南日本販売を合併し、スターゼン販売(株)を設立。
2013年
10月
スターゼンシンガポール社を設立。
2014年
4月
林兼産業(株)と業務提携。
2015年
4月
スターゼン販売(株)がスターゼン広域販売(株)を合併。
2016年
4月
和牛繁殖事業会社として足寄旭ヶ丘牧場(株)を合弁で設立。
2016年
5月
三井物産(株)と資本業務提携。
2016年
6月
交雑種肥育会社として北海道はまなか肉牛牧場(株)を合弁で設立。
2016年
9月
(株)ニックフーズを子会社化。
2017年
1月
スターゼンミートプロセッサー(株)青森工場三沢ポークセンターに国内初となる豚もも部位自動除骨ロボット「ハムダス-RX」を導入。
2017年
2月
スターゼン食品(株)を設立。
2017年
4月
食品製造本部の事業を会社分割によりスターゼン食品(株)に事業譲渡。
2017年
12月
アディレクトシンガポール社と資本業務提携。
2018年
4月
(株)サニーサイドと資本業務提携。
2018年
6月
会社創立70周年を迎える。
2018年
10月
焼成ハンバーグ製造工場としてスターゼン食品(株)本宮工場を新設。
2018年
10月
スターゼンミートプロセッサー(株)青森工場三沢ポークセンターに国内初となる豚肩甲骨・上腕骨除骨ロボット「ワンダスミニ マークⅡ」を導入。
2019年
4月
スターゼンインターナショナル(株)とスターゼン食品(株)をスターゼン(株)に合併。
2019年
6月
(株)ナカガワフーズと業務提携。

2020年~

2020年
4月
スターゼン販売(株)と(株)ゼンチク販売をスターゼン(株)に合併。
2020年
10月
サステナビリティ委員会を設置。
2020年
11月
スターゼン(株)バンコク駐在事務所を設立。
2021年
7月
富士総合食品(株)と業務提携。
2021年
11月
サステナビリティ基本方針を策定。
2021年
12月
星徳真食品(上海)有限公司を設立。
2022年
2月
サステナビリティ経営の推進に向けて、スターゼングループの重要課題を特定。
2022年
3月
(株)大商金山牧場と資本業務提携。
2022年
8月
道央食肉センター(株)がSQFの認証を取得。