安心・品質メインビジュアル

スターゼングループ品質方針

スターゼングループは、経営ビジョン「食を通して人を幸せにするグローバルな生活関連企業を目指す」に準じ、商品の更なる品質向上に努めお客様にご満足いただけるよう、「品質方針」を次のように定めます。

◆ スターゼングループ品質方針 ◆

①法令の遵守

食品関連法令等により要求される、全ての事項を遵守します。

②グループ全体の品質保証体制の構築

食品の安全・安心のために、グループ全体が連携して品質保証体制を継続的に高めます。

③お客様第一

お客様の声に耳を傾け、正確で丁寧な情報提供に努めます。

スターゼンインターナショナルは国際品質規格
ISO9001を取得しています

ISO9001とは、非政府組織の国際標準化機構が企業などの組織に対して定めた、「一貫した製品・サービスの提供」と「顧客満足の向上」を要求事項とする、マネジメントシステムの国際規格です。
ISO9001の認証を取得する企業はこれらの要求事項を満たすために、組織体制、責任分担、業務手順などのあり方に対し、厳密な管理と見直しが求められています。
当社の具体的な取り組みとしては「業務管理マニュアルの整備」、「顧客満足度調査の実施」、「内部監査」、「教育訓練」などが挙げられ、年に一度ISO9001認証更新の外部審査を受けています。
当社はISO9001のシステムに基づき、これからもより良いサービスと顧客満足の向上を目指し、改善への取り組みを続けてまいります。

SGS

コンプライアンス
「コンプライアンス体制」に関する当社の取り組み

スターゼングループは法令等の遵守を徹底させるべく、外部有識者も含む「コンプライアンス委員会」を設置しています。コンプライアンス委員会は、コンプライアンス経営のための諮問機関として経営幹部自身が学ぶ場であるとともに、全社的なコンプライアンス教育の発信源としての役割を担っています。
社内体制としては、各部所にコンプライアンス責任者を配置し、各現場の社員にとって身近な窓口・取りまとめ役の管理担当を設けることで、 問題の早期発見・早期改善に努めています。
また、スターゼングループ社員として守るべき行動規範を定めた冊子『行動規範と行動指針』をグループ全社員に配布しています。朝礼等で唱和を行うことを習慣化して、常に正しい行動について振り返る機会を設けています。

もっと詳しく見る >